季節

自転車のチャイルドシートが熱くなる!日よけカバーと熱さ対策の方法は?

自転車 チャイルドシート 熱くなる

うだるような暑さの日。

できることならクーラーの効いた家で涼んでいたいところですが、子供がいるとそうもいきませんよね。

この時期に困るのが、自転車のチャイルドシードが熱くなること。

日陰に自転車を停められたらいいですが、それはみんなも同じなわけで^^;

いつも日陰があるわけじゃないですもんね。

気温が35℃を超えるような猛暑日だと、ほんのちょっと停めておくだけでもやけどしてしまいそうなほどに。

冷えるまで待つなんて余裕は、子育て世代にはなかなかありません!笑

この記事では、自転車のチャイルドシートが熱くならないようにするための日よけカバーや、その他すぐにできる暑さ対策についてまとめました。

子供乗せシートの熱さでお困りの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

遮熱シートを使う

まずおすすめなのが、銀色アルミ素材の遮熱シート。

前乗せのチャイルドシートであれば、100均にある車のチャイルドシート用のカバーがピッタリです。(私はダイソーで購入しました)

これをバシっと洗濯ばさみ(なるべく大きめのもの)などで留めておけば、ばっちりですよ☆

自転車 チャイルドシート 日よけカバー

これで長いあいだ自転車を停めておいても、帰るときにすぐ子供を乗せられます^^

自転車 チャイルドシート 熱くならない

後ろ乗せのチャイルドシートだとそれでは足りないので、レジャーシートのように大きめの1枚を冬に使うブランケットクリップで上の方をとめて、下側(子供の持ち手側)を洗濯ばさみで留めておくのがおすすめです。

バスタオルを使う

もっとお手軽なのがバスタオル。

これも、先ほどと同じ要領。
バスタオルでチャイルドシート全体を覆い、洗濯ばさみで固定しておくだけです。

これなら前乗せ、後ろ乗せどちらの子供シートにも使えますね。

先ほどの断熱アルミシートに比べると、多少は熱くなってしまいますが座らせられないほどではありません。

子供が半ズボンなど足が露出するものをはいていると、太ももの内側が「アチッ!」ってなったりするので(1番弱そうなところ 笑)、乗るときにもタオルをかませてあげると安心ですね♪

[quads id=1]

クッション・座布団を使う

これは熱くならないようにするためではなく、乗るときに熱く感じないようにするということで、クッションや座布団を敷くという方法。

置きっぱなしにしていると熱くはなりますが、チャイルドシートのビニール素材に比べると、布なので座ることはできます。

表面がメッシュ素材になっていると、さらに熱く感じにくくなるのでおすすめですよ♪

最近ではダイソーやseriaなどの100均でもたくさん座布団が売られていますので、チェックしてみてください。

なお、悲しいことですが、座布団の盗難にあったという声もよく聞かれます。

かさばりますが、持ち歩くという方も多いみたいです。

座布団にゴムなどを縫い付けておくと、チャイルドシートのバックルに通しておくこともできます。

はじめにちょっと手間はかかりますが、対策をとっていた方があとあと楽だし、安心ですね^^

冷却スプレーを使う

最近、ドラッグストアなどでよく見かける、衣類に直接ふることができる冷却スプレーがありますよね。

そのままシートに冷却スプレーをふりかけるのもありなんですが、それを先ほどのバスタオルや座布団との合わせ技で使うと、さらも効果を発揮します☆

自転車につけっぱなしかけっぱなしにしておいて熱くなってしまった座布団やバスタオルも、これで一気に冷却することができますよ。

熱くないだけでなくヒンヤリとした感覚があるので、お子様にも喜ばれますね^^

まとめ

冷却スプレー以外は、金銭的にも手軽に試せる方法なのでぜひやってみてください。

それにしても、夏はいろいろと子供のことで気を使わなければいけないことが多いので大変ですよね^^;

ママさんたち、毎日本当にお疲れ様です!
暑い夏、お互い頑張って乗り切っていきましょうね。

この記事を書いた人


-季節,
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

王仁プール 赤ちゃん オムツ

王仁公園プールはオムツの赤ちゃんや幼児でも楽しめる?トイレなど気になるところも解説

枚方市営の王仁公園プール。 ウォータースライダーなどがあるような派手なプールより、連れて行きやすい場所で、お値段もお手頃です☆ でも、 「まだオムツがとれない赤ちゃんや幼児でもプール遊び楽しめるのかな …

赤ちゃん 冬 お出かけ 足元

赤ちゃんの冬のお出かけの足元、ベビーカーと抱っこ紐の足の防寒は?

赤ちゃんは足裏で体温調節をするから、靴下ははかせず裸足にしておいた方がいいといいますよね。 でも、それは基本的に春夏や、冬だと室内の話。 さすがに冷たい風にさらされると、赤ちゃんも体の芯から冷え切って …

冷しゃぶ 冷やし方

冷しゃぶは水にさらす?実は水につけない方がやわらかくおいしくなるんです!早く冷ますおすすめの方法も

暑くなってくると、たくさんのお野菜と一緒に食べる冷しゃぶがおいしいですよね! 冷しゃぶというと、豚肉を茹でたあと氷水にとるイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか? 水につけるとどうしても水っぽ …

セラミックファンヒーター 人感センサー トイレ

人感センサーつきヒーターはトイレの暖房におすすめ♪人気のセラミックヒーター【2選】

寒い季節になると、暖房の効いた部屋からトイレに行った時に、心臓がキュっと縮こまりますよね。(だからトイレを我慢してしまいがち 笑) 特にお年寄りにとって、寒暖差で起こるヒートショックはとてもこわいもの …

喪中に初詣は大丈夫?新年のお守りやおみくじは?お寺を参拝するという選択肢も

大切な人が亡くなった年。 月日が過ぎ、落ち着きを取りもどし普段通りの生活を送っているけど、いちおう喪中の身。 「お正月は親戚のみんなで集まっての初詣へ行くのが恒例」 となっている場合、今度のお正月は不 …