子育て 食べ物

赤ちゃんのおやつはいつから?量はどれくらい?手作りレシピ作り方!

赤ちゃんが産まれると毎日の生活が賑やかに過ぎていきますよね。

赤ちゃんとの生活はとても楽しいですが、気になるのが赤ちゃんの食事です。

赤ちゃんは普段の食事はしっかり食べさせるとして、おやつを食べさせたい場合、いつから食べさせればいいのでしょうか?

また赤ちゃんにおやつを手作りをしてあげたいこともありますよね。

今回は、そんな赤ちゃんのおやつについて解説をしていきたいと思います。

赤ちゃんのおやつはいつからあげればいいの?

赤ちゃんのおやつですがいつからあげるのがいいのでしょうか?

結論から言えば、赤ちゃんが離乳食を食べられるようになってからで問題がありません。

その前は主にミルクや母乳から赤ちゃんは栄養を摂ります。

なのでこの時期に無理におやつをあげる必要はありません。

まず赤ちゃんは離乳食を通して食べるという行為を理解します。

そしてその後におやつをあげるようにすればOKです。

時期としては個人差がありますが大体8ヶ月から10ヶ月ぐらいの間で、赤ちゃんにおやつをあげるようにしましょう。

ただ赤ちゃんにおやつをあげる場合には、栄養を取るというよりも食べることをより理解したり、楽しむという意味合いが強いです。

なのでこの時期にあげるおやつはあくまでもお楽しみ程度にしておき、

あげるのは少量にしておきましょう。

1歳前のおやつもベビーショップでは売られています。

その中から赤ちゃんが好きそうなおやつを選んであげましょう。

赤ちゃんの成長に合わせておやつも変えてあげて、より食べることを楽しませてあげてくださいね。

赤ちゃんのおやつの量はどのくらいあげればいいの?

そんな赤ちゃんですが、おやつの量はどのくらいあげればいいのでしょうか?

赤ちゃんにおやつをあげる場合、それは食事を楽しむ程度です。

なので量としては20gから30gぐらい上げれば十分です。

赤ちゃんのおやつの袋が大きい場合は、それを分けて食べさせてあげましょう。

おやつは美味しいので、ついつい赤ちゃんの場合は夢中になって食べさせてしまいがちです。

赤ちゃんが成長をして、1歳を過ぎた場合にはおやつをあげる場合の量の目安としては、1日に必要なエネルギーの10%ほどとなっています。

なのでおやつのカロリーをしっかり確認して、

大体100キロカロリーほどにしっかり抑えるようにしましょう。

食事の中心はあくまでも毎日の三食の食事です。

あくまでも基本的な栄養素は朝昼晩の食事から摂るようにしてください。

なので、おやつをあげる場合はその食事で補い切れない栄養を考えると良いです。

赤ちゃん用のおやつには鉄分やカルシウムなど、子供の時に必要な栄養素でかつ、食事では補いきれない栄養素が含まれているものが多いです。

それらの栄養素やカロリーを確かめた上で、赤ちゃんのおやつの量を調節してくださいね。

赤ちゃんのおやつを手作りするときは?おすすめレシピも

赤ちゃんのおやつですが、人によっては手作りをしたいという人もいるでしょう。

赤ちゃんのおやつは手作りをしても大丈夫なのでしょうか?

結論から言えば、赤ちゃんのおやつの手作りは大いに活用しましょう。

市販品の赤ちゃん用のおやつには、添加物や保存料は含まれています。

なので手作りをすることで、それらの保存料をなくすことができます。

他にもおやつを手作りすることで、カロリーの調節も可能です。

ではそんな赤ちゃんの手作りおやつでおすすめなものを紹介していきます。

手作りたまごボーロ

ボソボソとした食感で赤ちゃんのおやつとして定番なのがたまごボーロですよね。

子供用のおやつのイメージでありますが、実は大人でも好きな人は多いのではないでしょうか?

そんなたまごボーロは実は簡単に手作りすることができます。

材料は

・卵黄 1個

・片栗粉 90g

・砂糖  25g

だけです。

これらの材料をダマにならないように混ぜて、

あとはオーブンで焼けば簡単にたまごボーロを作ることができます。

砂糖の量を調節することで簡単にカロリーも調節することができます。

赤ちゃんはもちろんのこと、大人までおすすめのおやつとなっています。

手作りおからドーナツ

おからは三大栄養素の一つであるタンパク質が豊富です。

その他にも赤ちゃんや子供の成長には欠かせない栄養素がたっぷり含まれており、

おやつに使うのにもぴったりです。

そんなおからを使ったドーナツを紹介します。

材料は

・おから 100g

・ホットケーキミックス 100g

・砂糖 60g

・豆乳 70cc

これらを混ぜて生地を作って油で揚げたらお手軽おからドーナツの完成です。

ホットケーキミックスが使われているので、そのまま焼いたらホットケーキとしてももちろんおやつになります。

おからや砂糖の分量を調節することで、こちらもカロリーの調節が可能です。

ぜひ赤ちゃんから大人まで楽しめるおやつを作って、健康的に一緒におやつを楽しむようにしてくださいね。

まとめ

赤ちゃんのおやつですが、食事が完全に離乳食を食べられるようになってからにしましょう。

時期としては個人差はありますが生後8ヶ月から10ヶ月ほどで、赤ちゃんの成長を見ておやつをあげるようにしてくださいね。

赤ちゃんのおやつはあくまでも食事という行為を理解するものです。

そして1歳を超えたぐらいからはおやつで栄養を補助するようにしましょう。

赤ちゃんのおやつは市販でも良いですが、手作りすることでさらに細かく調節することができます。

ぜひ赤ちゃんのおやつはしっかり考えながらあげるようにしてくださいね。

この記事を書いた人


-子育て, 食べ物
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

赤ちゃん お茶

麦茶を赤ちゃんに飲ませるときの温度*常温保存か冷蔵庫のお茶か?

離乳食も始めたし、そろそろ母乳以外の水分補給に麦茶を飲ませてみようかな? そんなときに湧いてくるギモン。 「赤ちゃんの麦茶の温度ってやっぱり常温の方がいいんだよね?」 この記事では、赤ちゃんに飲ませる …

夏 ロンパース 1枚

赤ちゃんは夏でも肌着が必要?ロンパース一枚はあり?カバオールの下はどうする?

0歳ねんね期の赤ちゃん、夏の服装についてお悩みの多い問題。 赤ちゃんには暑い夏でも肌着を着せるべき? 新生児、1~2カ月の頃のねんねの服装は、短肌着、コンビ肌着が多いですが、 予防接種が始まりだすとお …

共働きで子育て中!実家が遠いママが家事や育児の問題を乗り越える方法

夫婦共働きの場合、なにかと大変な家事や育児。 フルタイムで働いているという方は特に、なかなか仕事の融通がきかない場合もあるし、何かあったときに心配という方も多いでのはないでしょうか。 何かあったときに …

帰省のときの離乳食!生後6ヶ月の赤ちゃんは何を与えると良い?

実家への帰省となると、前もって荷物を準備することが多いと思うのですが… わりと悩ましいのが赤ちゃんの離乳食。 宿泊を要する帰省の場合は、何日分か持参しなければならないですし、普段は手作り派!という方は …

ファミリーマート 珈琲香るホワイトショコラ

ファミリーマート珈琲香るホワイトショコラを食べてみた!口コミとカロリー

最近ちょくちょくファミマに寄ってるんですが、スイーツコーナーで新しい商品を見つけました☆ ファミリーマートの新商品、【珈琲香るホワイトショコラ】☆ です。 ネーミングと見た目だけからすると、ホワイトシ …