子育て お出かけ

帰省のときの離乳食!生後6ヶ月の赤ちゃんは何を与えると良い?

実家への帰省となると、前もって荷物を準備することが多いと思うのですが…

わりと悩ましいのが赤ちゃんの離乳食。

宿泊を要する帰省の場合は、何日分か持参しなければならないですし、普段は手作り派!という方は更に悩ましいと思います。

生後6ヶ月頃の赤ちゃんの場合は、帰省のときの離乳食はどんなものにすれば良い?

メニュー例や離乳食を与えるときにあると便利なアイテムなどご紹介させていただきます!

帰省のときの離乳食で生後6ヶ月の赤ちゃんには何を与える?

私自身も、娘が生後6ヶ月頃には、帰省や旅行などを経験しました。

その際にやはり悩ましかったのが離乳食問題。

普段は手作り派で、市販のベビーフードは使用頻度も少ない方だったので、初めて宿泊を要する外出をする!となったときは、悩みました。

実体験からお話させていただくと、やはり外出時の離乳食は、近場であっても遠出であっても市販のベビーフードが便利だと思います。

理由は様々ですが、個人的に考えるメリットとしては…

  • 荷物も減るし、手作りであれば使用済みのタッパーなどを持ち歩くのも大変
  • 手作りをしたものを何時間も持ち歩くのは不衛生なので市販のものが楽
  • ランチになっているものはスプーンなども入っていて便利
  • 加熱せずに与えられるものが多いため場所を選ばない
  • 賞味期限が長いため、使用しなかった場合も次に使える

などです!

すぐに思い浮かぶだけでも、これだけのメリットがあるので、市販のベビーフードは本当に便利なアイテムだと思います。

近場の外出時は、手作りの離乳食を持参したこともあるのですが、正直荷物が増えるのと、食べ終わったあとの処理に困りました。

すぐに洗ったりできる場合は良いですが、そうではない場所もありますし…

仮に洗えたとしても、水滴がついたまま持ち歩くのはなんとなく不衛生ですよね。

夏場などは特に、食中毒の原因にもなったりしますので、注意が必要です。

また、一番便利だと思った点は、加熱しなくても常温で食べられるというところです。

手作りのものだと、なんとなく一度加熱してから与えたいと思いますし、冷凍ストックなどを解凍して持っていく場合は尚更ですよね。

市販のベビーフードは種類も豊富で、月齢にあわせて作られているものがほとんどです。

そのため、スーパーでなかなか購入しないような食材など、与えてみたことがない食材があっても、ベビーフードなどで試すこともできますし…

気を付けなければならないアレルギーの面でも、考慮されていることが多いです。

ただ、普段手作り派の方だと、ほとんど味付けをしていないものを与えていると思いますので、手作りと比べると少々味が濃いベビーフードは、苦手な赤ちゃんもいます。

私の娘も、手作りばかりだったせいか、最初は市販のベビーフードをなかなか食べてくれず…

外出時に利用したいという一心で、普段の食事でもたまにベビーフードを取り入れるなどして克服していきました。

その結果、1歳を過ぎた今でも外出時は市販のベビーフードに頼りますし、とても便利で重宝しています。

生後6ヶ月の離乳食だと、まだ素材そのものをペースト状にして食べさせている段階だと思うので、冷凍ストックを活用している方も多いと思うのですが

たまには楽をして、数日に1回ぐらいのペースでも、市販のベビーフードを取り入れてみても良いかなと思っています。

市販のベビーフードを購入する際は必ず、月齢にあったものを選んでくださいね!

帰省のときの離乳食で手作りをしたい時はどうする?6ヶ月の場合

帰省時など、外出先でキッチンが使える場合は、行ってからその場で作るという選択肢もあります!

これなら、作ったものを持ち歩くわけではないので、衛生面でも安心ですよね。

どうしても手作りをあげたい、手作りしか食べてくれない…という場合は安心です。

実際に私はというと、生後6ヶ月の頃は10倍がゆを中心に、野菜であれば玉ねぎ・きゅうり・じゃがいも・ブロッコリー・さつまいも・にんじん・小松菜・ほうれん草・白菜…など、フルーツであればりんごやバナナを中心に与えていました。

この頃は、1日1つぐらいのペースで、様子を見ながら食べられるものを増やしていったのですが…

最初は、スプーン1口から始めていくことが多いですよね。

外出時は、与えたことがないものにチャレンジするのはリスクが高いかもしれないので、普段食べなれているようなものを中心に、与えてみることをおすすめします。

もし外出先で調理をしてから与える場合ですが、例えばハンドミキサー・すり鉢やすり棒・裏ごし器などなど…

普段使用している料理器具などで、外出先にないようなものは、持参した方が安心です。

私の場合は、10倍がゆや野菜・フルーツもすべて、ハンドミキサーを使ってペースト状にしていたので、これ1つあれば問題ないかなと思っていましたが

普段使い慣れている調理器具は、あると安心ですよね。

また、離乳食を与えるときは、シリコンスプーンやお皿代わりのタッパー、お食事エプロンなどがあると便利だと思います!

まとめ

生後6ヶ月頃の離乳食は、とにかくなんでもペースト状にする必要があるので、なかなか大変ですよね。

外出先で作ってあげるのももちろん良いですが、時間もかかりますし大変なので、出先では市販のベビーフードも是非活用してみてくださいね!

市販のベビーフードにも様々な種類があるので、売り場に行くだけで楽しいものです。

基本的に離乳食は手作り派!という方も、普段の食事から少しずつ取り入れてみて、ちょっと楽をしたり息抜きもしてみてください!

この記事を書いた人


-子育て, お出かけ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

usj 子連れ レストラン

0歳5歳子連れのUSJ ごはんはミニオンねらい!離乳食の持ち込みは?【体験談】

真冬12月、9ヶ月の赤ちゃんと5歳の姉妹を連れて、初めての子連れユニバに行ってきました☆ 下調べはちょこっとしかしていなくて、ほとんど備えなし! 実際に行ってみてどうだったか、よかった失敗したことなど …

赤ちゃん 外出 インフルエンザ

赤ちゃんの冬の外出はインフルエンザが心配で…でも免疫と発達には影響が出る?

冬は風邪やインフルエンザが猛威をふるう季節。 赤ちゃんを外へ連れ出したら、それらの病気にかかってしまってしまうんじゃないか? こんなにちっちゃい体が、フーフー苦しい思いをしているところを想像するだけで …

赤ちゃんとの遊び方がわからない!スキンシップや遊ぶ時間、入院で気づいたこと!

新生児の頃は、1日の大半を寝て過ごしていた赤ちゃん。 お世話で大忙しな時期も過ぎ、だんだんと成長するにつれて赤ちゃんと「遊ぶ」時間ができます。 でも赤ちゃんと「遊ぶ」ってどうすればいいの? これは初め …

保育園の入園は何歳から?専業主婦は保育園に入れるのは難しい?

子供が少しずつ成長していくにつれて、考えなければならないのが保育園や幼稚園の入園。 今ではプレスクールなどもありますが、幼稚園は3歳頃から通うことが多いと思います。 しかし保育園はというと、0歳からで …

赤ちゃんの誕生日の飾り付け!おすすめ写真映えアイテム紹介!

赤ちゃんの誕生日は、自宅でお祝いする方が多いですよね。 ハーフバースデーや1歳の誕生日など…次から次へと素敵なイベントがたくさんありますが、どんな飾り付けをしよう?と悩ましいものです。 まずは、どんな …