子育て

子どものお風呂のおもちゃ、オススメの掃除方法は?カビキラーやカビハイターは使える?

子供が大きくなるにつれて、どんどん増えていくお風呂のおもちゃ!

お風呂は収納場所も限られますし、悩ましいものですよね。

そんなお風呂のおもちゃですが、毎日掃除していますか?

日々、育児や家事、仕事に追われている主婦やシンママは、お風呂のおもちゃの掃除まで手が回らない!ということも多いですよね。

しかし、お風呂は湿気も多い場所なので、放置しておくとすぐに汚くなります…

私自身、なかなかそこまで手がまわらなかったり、後回しにしてしまうことも多かったのですが…

今は毎日掃除をするように心がけています!

時間がかかりそうで面倒くさい…と思われる方も多いと思いますので、簡単にできる掃除方法や、実際に我が家で行っている掃除の仕方などをご紹介します。

お風呂のおもちゃ「アヒルの子」

お風呂のおもちゃの掃除はどうする?

湿気の多いお風呂場に置いてあるおもちゃは、気づくとカビが生えてしまったり、汚くなっていることも多いですよね。

そんなお風呂のおもちゃの掃除方法ですが…

おもちゃの掃除方法1「熱湯消毒」

一番簡単にできるのは、熱湯消毒です!

哺乳瓶なども、レンジなどで熱湯消毒をされる方も多いと思いますが、熱湯消毒も雑菌をなくすためには効果があります。

おもちゃに熱湯をかけて、そのあと汚れが目立つ箇所は小さなブラシやスポンジなどでこすればOKです。

我が家でも行うことが多いですが、どうしても時間がない…ということもあると思いますので、そんなときはお風呂に入ったついでに、ちょっと熱めのお湯をかけるだけでも効果があるようです。

おもちゃの掃除方法2「アルコール消毒」

掃除方法の2つ目は、アルコール消毒です!

これもわりと手軽にできる掃除方法なのですが、普段使っているようなアルコールスプレーをおもちゃに吹きかけて、そのまま乾かす方法です。

我が家では、毎朝の清掃で、リビングのおもちゃをノンアルコールスプレーで消毒しており…

そのままお風呂のおもちゃも一緒に掃除することが多いのですが、吹きかけるだけなので、そこまで手間ではありません。

これを毎日続けるだけでも、カビが生えずらくなったり、効果が期待できます!

おもちゃの掃除方法3「重曹を使用した掃除方法」

そして3つ目は、重曹を使用した掃除方法です。

これは我が家ではあまり行ったことがないのですが、重曹やオキシクリーンなどを用意してつけ置きをするだけという掃除方法です。

どちらも薬局やホームセンターなどで簡単に手に入るので、用意できればすぐに行える掃除方法ですよね。

おもちゃが多くなってきた場合は、スプレーを吹きかけるのも大変かもしれませんので、熱湯消毒や重曹などを使ったつけ置きが楽です。

毎日続けることで、カビが生えずらくなるため、細かな掃除がだんだんと必要なくなるかもしれませんが…

もしつけ置きをしていても気になる汚れなどが発生した場合は、必ずブラシやスポンジなどで取り除いてくださいね。

カビ防止「カビキラー」や「カビハイター」は使える?

では、カビ防止で有名なカビキラーやカビハイターは子どものお風呂の玩具に使えるのでしょうか?

赤ちゃんのおもちゃにカビキラーは使える?

子どものおもちゃにカビキラーは使える?

カビキラーは、カビ対策には有効ですよね。

ですが、子供のおもちゃにも使えるのでしょうか?

こちらはメーカーであるジョンソンによると、

カビキラーは、お風呂用、キッチン用、ゴムパッキン用、洗濯槽用などに使える優れものですが、口に入ることを想定して製造していないため、物を口に入れてしまう赤ちゃんや子どものおもちゃには、使用しないでくださいとのこと。

確かに、カビキラーはカビには有効ですが、人の口には毒でしかないので、子どもが食べてしまったら大変です。

ですので、お風呂のおもちゃには使用しないようにしましょう。

子どものおもちゃにカビハイターは使える?

カビハイターもカビ対策には効果的ですが、メーカーの花王によると、浴室の壁や床などに使用するもので、子どものおもちゃのように、口に入る可能性があるものは危険なので使えないとのこと。

その他、カビ取り用洗浄剤のカビクリア、カビとりバスクール、カビクリアなど、おおよそカビ除去対策商品は口に入ると危険なので、使えないということですね。

赤ちゃんの玩具

お風呂のおもちゃはなぜ汚くなる?放置するとどうなる?

カビや雑菌の繁殖に注意!

お風呂は高温多湿な場所なので、換気をしていてもちょっとジメジメしてしまうことが多いですよね。

おもちゃには、子供の手あかなどの皮脂汚れがつきやすく、それがカビ・雑菌が増えてしまう原因なのだそうです。

もしカビや雑菌が繁殖したおもちゃで子供が遊び続けてしまうと、身体に影響を及ぼすこともあるので注意が必要ですよね。

私自身も、目立った汚れはもちろん落とすようにしていましたが、お風呂のおもちゃの掃除は後回しにしてしまうことが多かったように思います。

しかしいろいろと調べてみると、蓄積された汚れは赤ちゃんにとって危険なものだということが分かったので、それ以来毎日掃除をするように。

子どものお風呂のおもちゃ掃除

お風呂のおもちゃの置き場に注意!

また、お風呂のおもちゃの保管場所自体を、お風呂場ではなく脱衣所など、少しでも湿気がない場所にするというのも1つの案です!

掃除はもちろん大切ですが、汚れにくくするというのも、余計な手間が省けることを考えると大切ですよね。

日常生活において、なかなかお風呂のおもちゃを掃除する時間がとれない…という方は、お風呂で使うおもちゃはあまり高価なものを買わないのも良いと思います。

今では100円ショップなどでも、実用的なおもちゃがたくさんあるため、そのような安価なおもちゃを購入して、一定期間使ったら買い替えるというのも衛生的ですよね。

お風呂のおもちゃ掃除まとめ

掃除というジャンルの中でも、意外と後回しにしやすいのがお風呂場などの、あまり目につかない場所ですよね。

リビングやキッチンとは違って、お風呂場で過ごす時間は1日の中でもごくわずかなので、汚れていてもすぐに気が付けないときもあります。

ただ、赤ちゃんが使うおもちゃに関しては、汚れが蓄積されるととても危険なので、できる限り毎日掃除をしてあげたいものですよね。

なかなか時間がとれないという方は、まとめてつけ置きというのが楽かもしれないですし、おもちゃの数によってはアルコールスプレーなどの方が楽な場合もあると思います!

それぞれのご家庭で無理のない範囲で、お風呂のおもちゃの掃除もしてみてくださいね。

-子育て
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

クループ咳の特徴(原因や種類も)を覚えて重症度による救急受診のタイミングを見極めよう

クループとは、風邪が原因で起こる喉頭炎(こうとうえん)の総称です。 口を開けた時に見える喉よりもさらに奥の、ノドボトケがある部分の喉がはれて赤くなり、特徴的な症状を引き起こします。 クループは10歳以 …

保育園の入園は何歳から?専業主婦は保育園に入れるのは難しい?

子供が少しずつ成長していくにつれて、考えなければならないのが保育園や幼稚園の入園。 今ではプレスクールなどもありますが、幼稚園は3歳頃から通うことが多いと思います。 しかし保育園はというと、0歳からで …

赤ちゃん 外出 インフルエンザ

赤ちゃんの冬の外出はインフルエンザが心配で…でも免疫と発達には影響が出る?

冬は風邪やインフルエンザが猛威をふるう季節。 赤ちゃんを外へ連れ出したら、それらの病気にかかってしまってしまうんじゃないか? こんなにちっちゃい体が、フーフー苦しい思いをしているところを想像するだけで …

夏 ロンパース 1枚

赤ちゃんは夏でも肌着が必要?ロンパース一枚はあり?カバオールの下はどうする?

0歳ねんね期の赤ちゃん、夏の服装についてお悩みの多い問題。 赤ちゃんには暑い夏でも肌着を着せるべき? 新生児、1~2カ月の頃のねんねの服装は、短肌着、コンビ肌着が多いですが、 予防接種が始まりだすとお …

赤ちゃんの寝かしつけをパパが上手くするには?コツとメリットを紹介!

赤ちゃんの寝かしつけって、本当に大変なことですね…。 特に一緒にいる時間が長いママよりも、 パパが寝かしつける方が何かと苦労するでしょう。 でも親としてはスムーズに赤ちゃんには寝てほしいもの。 そこで …